プロフィール

スポンサーリンク

このサイトを作った理由

「いかに、京都を楽しんでいただくか」

だけです。

京都旅行をとにかく楽しんでほしい。それだけなのです。

そのために、日々、京都旅行を楽しみたいと思って.いる方々に情報発信していければなと思っています。

プロフィール

私は、大学院を卒業し、旅館に就職しました。

ちなみに、大学院での研究テーマは法律です。

この時点で、自分には社会性がないと痛感させられ、接客業の最前線である旅館に勤めることにしたのです。

旅館に勤め始めて、自分の何かが花開いたように思えました。

とにかく、お客様に尽くすのが楽しい旅館の経営に携わるのが楽しいと日々、努力と研鑽を重ねていったのです。

京都の旅館であったため、京都の観光知識に精通しようと努力しました。

配膳も担当していたため、料理の知識も深めていきました。

じゃらん、楽天、るるぶ、ブッキングドットコム等の予約サイトを扱う事になったため、その知識を深めていきました。

多くのお客様に接することで、お客様のニーズに応じて情報を出していくことが大事だと悟りました。

 

今は別の仕事についています。

しかし、京都を訪れる人に京都を楽しんでほしいという気持ちは強く持ち続けています。

旅館業をしているとお客様に対しては、個性を失い数として把握しがちです。

しかし、お客様からすれば、一生に一度の京都旅行なのかもしれません。

一生に一度かもしれない京都旅行を充実なものにしなければならない

それが、京都の旅館に勤めるものの使命だったと思います。

 

新しい魅力を発掘する

京都に何度も来る人はそれほど多くはないです。

ただ、何度も来れる人もいると思います。

でも、その訪問される一回一回は非常に重いのだと思います。

それくらい京都に訪れる価値は高いのだと思います。

その一回一回を大事にしたい。

 

初めての人には、もう一度京都に来てみようと思ってもらえるようにする。

何度も来ている人には、もっとマニアックな情報を伝えて、また来てもらえるようにする。

そんな気持ちでこのサイトを立ち上げました。

 

いつも心がけているのは、既存の寺社でも角度を変えた情報を提供するということです。

まだ知られていない寺社を紹介していきたいのは当然ですが、有名な寺社でも角度を変えた新たな情報を提供し、新しい価値を生み出したいと考えています。

 

元旅館支配人として、訪れてほしい場所、役立つ情報、ネットでの最適な宿の取り方を余すところなく発信したいと思っています。

一応、背景知識として、この神社にはこの祭神が祀られているなどの情報は持っていますが、あまり披露することはないと思います。

それよりも、知識としてではなく、感情としてもう一度京都に訪れたいと思っていただけるような情報に特化します。

様々なお客様と接してきたからこそ、お客様目線ですべての観光情報を語りたいと思います。

よろしくお願いいたします。