学問の神様の最高峰【北野天満宮】梅に囲まれた牛、牛、牛

金閣寺・北野天満宮

学問の御利益の最高峰と言えば、北野天満宮でしょう。

受験生だけではなく、何かの試験を受ける方は必ず訪れて頂きたい神社です。

境内はかなり広くすべてを見て回るには軽く1時間はかかります。

見どころや、願いを叶える上で必ず訪れてほしい場所はかなりあるのですが、見逃されがちです。

特に一願成就のお牛さんは、御利益は非常に高い割に、人足が少ないです。

ここを逃したら非常にもったいないです。

是非、参考にしていただき北野天満宮を堪能していただきたいと思います。

都家族
都家族

天満宮って色々あるけど、どこに行けばいいのやら?

元支配人
元支配人

学問の神様で有名な天満宮系の総本山が北野天満宮です。

修学旅行生は是非、訪れてください。

スポンサーリンク

学問の神

御祭神は菅原道真公です。

道真公は非常に優秀な学者であり、右大臣まで出世しました。

このことから、道真公は学問の神様と呼ばれるのです。

牛社(うししゃ)を忘れずに

牛社は本殿の左上にあります。

本殿に比べ訪れる人は非常に少ないです。

しかし、こちらはかなりのパワースポットなので、訪れないのは非常にもったいないです。

伏見稲荷を思わせる鳥居の先に牛社があります。

かなり多くの絵馬が掲げられているのがご理解いただけるかと思います。

そして、その先にあるのがこの撫で牛です。

こちらの撫で牛が、北野天満宮での最古の撫で牛です。

撫でられすぎたのでしょうか、正直、牛に見えません。

それだけ、人々の願いをかなえてきたのだと思うとありがたい気持ちになります。

また近くには、亀石があります。

こちらにも是非お参りしてください。

梅園は意外と無料で外から見える

北野天満宮と言えば、です。

梅苑に入園するためには、大人で800円、子どもで400円かかります。

では、梅苑に入園しないと梅が見ることができないかというとそうではありません。

無料の空間でも十分に梅を楽しむことができます。

これは、無料の境内にも梅がたくさんあるのもそうなのですが、他にも理由があります。

それは、梅苑と無料境内を隔てる壁が低いのです。

柵の前が無料境内、中が梅苑となります。この他にも、無料境内から見ることができるスポットはあります。

これは、有料境内から無料境内を撮影したものです。

だいたい、この敷居は160センチくらいでしょうか。

梅見だけ言えば、無料境内内でもお腹いっぱいだと思います。

梅苑への入苑料を払うと、茶菓がついてきました。

両方とも、京都で有名な老松という老舗和菓子屋の品です。

中身はこんな感じでした。

御池煎餅のような感じです。

個人的には、入苑料を払ってでも梅苑を見ていただいた方がいいと思います。

もっとも、払わなくても梅は楽しめることは保証します。

以下は、入苑料を払っての写真になります。ご参考までに。

やはり、せっかく北野天満宮に来たのなら、入苑料を払って楽しんだ方がお得だと思います。

道真公と牛~境内牛だらけ~

天満宮系の神社には必ず牛がいます

これは、道真公が丑年生まれ、牛に命を助けられた、牛が棺を曳いていたなど、様々な牛とのご縁があるからです。

では、牛コレクション行きましょう

手水舎も牛です。

多分、まだまだ、牛がいます。

それぞれの牛に表情があり、見ているだけであきません。

参道にも何気に牛がいるので、お見逃し無いように。

御土居(おどい)

こちらは、完全なる有料区間です。

御土居とは、豊臣秀吉公が京都の防備の為に築いた土塁(壁のようなもの)です。

御利益とは関係ないものですが、入って損はないです。

個人的には、この区間に入るだけでも、お金を払う価値があると思っています。

紅葉の季節は非常に素晴らしい写真が撮ることができます。

あおもみじと言って5月頃も見どころとなります

絵馬所

絵馬所も色々な見どころがあるのですが、見逃されがちです。

楼門を入って左にあります。休憩所の様になっており、多くの方が休んでおられます。

絵馬所とは、絵馬が奉納されている建物です。絵馬とは、祈願をする際に奉納されるものです。

この絵馬所において、非常に見ものなのがこの絵馬です。

何か新選組の『誠』に見えませんか?

個人的に、これが新選組と関連するなら非常に面白いなとは思いました。

ただ、情報としては、『宿坊能利』としか書かれていなんです。

そもそも、絵馬自体は、神社の方々も把握していない場合が多いらしいです。

確かに、これだけ大きな絵馬なら別ですが、絵馬一つ一つに記録なんてないでしょうから。

ということで、新選組との関連は見出せませんでした

そもそも、道真公自体が『誠の心』を貫かれておりましたので、その意味での誠なのかもしれません。

是非、絵馬所で休憩される際は、見上げてみてください

色々な面白い絵馬が見ることができます。

また、裏に回ってください。

思わぬ発見があるかもしれませんよ。

立っている牛はめずらしいです。

アクセス

最寄り駅は嵐電の北野白梅町駅になります。

北野白梅町駅からは徒歩6分です。

バスという手段もあるのですが、正直お勧めはしません。

北野天満宮は今出川通沿いにあるのですが、混むときはほとんど動かないような状態になります。

歩いた方が早いのではと思う事もあると思います。

梅の時期、桜の時期、紅葉の時期等を除いてはバスもありですが、それ以外はタクシーで行くのがベストだと思います。

京都駅からは、嵯峨野線の円町で降りて、繁忙期ならタクシー、それ以外ならバスをお勧めします。

嵐電の北野白梅町駅は帷子ノ辻という駅で乗り換えを必要とします。

意外と面倒くさいです。

駐車場

実は、駐車場無料です。

繁忙期であろうが無料なのです。

だからこそ、かなり混んでしまうのですが。

場所は今出川通沿いに進み、北野天満宮の鳥居が見えたら横の道に入ってください。

個人的には、北門の駐車場狙いでいいと思います。

停めることができる台数は少ないですが、結構空いていることが多いです。

恐らく、南側の駐車場の許容台数が多く、知られてるのでそちらに集中しているからでしょう。

南門から行って余りに混んでいるなら、北門に行くことをお勧めします。

ランチや甘味

混雑を気にしなければ一番のおススメが

とようけ茶屋

京豆腐 とようけ茶屋

です。

あまりの行列の多さに嫌気がささなければ、かなりのおススメです。

豆腐店直営の豆腐料理屋さんなので、おいしい豆腐料理がいただけます。

味もかなり薄味なので、京都らしい料理を食べたいならここで。

また、

京とうふ藤野本店

京とうふ藤野本店/ TOFU CAFE FUJINO| 京とうふ藤野|京都のおとうふやさん « 京とうふ藤野株式会社
京とうふ藤野は京都、北野天満宮そばでおいしいお豆冨(豆腐)をつくり続けているおとうふやさんです。 鍋や湯葉を楽しめる店舗、多彩なおとうふスイーツのカフェ・ギフトセットの販売などまごころこめた商品をお届けしております。

もおススメです。

こちらも豆腐店直営の豆腐料理屋さんです。

面白いと言えば、

パンダの散歩

ぱんだの散歩
ぱんだとみたらしだんごが大好きな私が作った 「ぱんだんご」。是非ご賞味下さい。

です。

非常に見栄えがよい団子が食べられます。

なんと、団子がパンダです。

みたらしにつかったパンダ団子もおつです。

少し、北野天満宮からは遠いですが、ついでに足を延ばしてはいかがでしょうか。

12時から営業、開店日が木、金、土とかなり限定されているのでご注意を。

お土産に面白いのが

カステラ ド パウロ

https://castelladopaulo.com/

です。

基本的にはカステラ屋なのですが、ポルトガル菓子がいただけます

長崎のカステラ屋『松翁軒』で修業されているので、長崎県の方には不向きかもしれません。

コメント