しだれ桜と蓮の極楽浄土【法金剛院】阿弥陀如来は平等院なみに素晴らしい<ランチ、アクセス、駐車場詳細情報あり>

金閣寺・龍安寺・仁和寺

色々な桜はありますが、枝垂桜は他の桜と違う魅力があります。

その枝垂桜の中でまた一味違う紫色の桜を御存じでしょうか?

それが今回紹介する法金剛院の桜です

関西花の寺十三番霊場というだけあって、とにかく花が綺麗です。

でも、魅力はそれだけではなく、仏像も平等院鳳凰堂なみに魅力的なんです。

カップル
カップル

花と仏像の両方がいいって珍しいんですか?

元支配人
元支配人

京都でも、庭園だけが有名なところ、仏像だけが有名なところがあり、両立するところはかなり有名どころで少ないです。その意味では、法金剛院は花も仏像も魅力的なのに、全国的には有名ではない。だからこそ、穴場になります。

スポンサーリンク

枝垂桜は見事の一言です

法金剛院枝垂桜全景

花の色が紫に見えるので、別名「紫の桜」と呼ばれています。

また創建者の名前をとって「待賢門院桜」とも呼ばれています。

見事の一言でした。

枝を支える支柱にも雰囲気があります。

種類的にはヒガンザクラ系ベニシダレザクラの変種です。

法金剛院枝垂桜アップ

4月上旬は、この桜を目当てに多くの人が訪れます。

椿もそこかしこに

法金剛院落ち椿と道端

花の寺というだけあって、椿もそこかしこに咲いています

桜と椿と言えば、落ちた椿と桜のコントラストが本当にきれいですよね。

法金剛院ではそのようなスポットがちょっとだけありました。

法金剛院落ち椿と池

すいません、本当にちょっとです。

まあ、池も重なっているのでお許しください。

庭園はこの世に極楽浄土を表現している

法金剛院池と花

創建者の待賢門院は、法金剛院の庭を極楽浄土に模して造らせました

極楽浄土とは、阿弥陀如来の納める幸福に満ちた正常な地のことです。

まあ、はっきり言えば、庭園をみて幸せを感じるってかんじでしょう。

少なくとも、私は「きれいだな」と思いました。

庭園見てると癒しがあります。

法金剛院庭園仏像群

こちらは枝垂桜奥にある仏像群です。

あまり訪れる人はいませんがおススメです。

庭園には平安時代末期に作成された最古の人工滝がある(の割には大きい)

法金剛院庭園青女の滝

こちらが、日本最古の人口の滝「青女(せいじょ)の滝」です。

残念・・・肝心の滝が流れていません

庭園には青女の滝として、そこかしこに看板が出ています。

法金剛院庭園青女の滝順路

順路として青女の滝としてでているのに、水が流れていなくて結構残念でした。

拝観の際にいただけるパンフレットには、ちゃんと水が流れている滝が確認できました。

そのパンフレットを見ながら、現場の滝を見れば少し感動も湧いてくると思います

花のすばらしさでかすむのか、青女の滝には人の流れはありません。

本尊阿弥陀如来は大迫力、地蔵堂は地蔵ばっかり

法金剛院お堂釈迦如来

仏像群は、仏像のために建てられた新しい建物の中に納められています

花の寺という事で仏像群はそんなに目立ちませんが、かなりの迫力もありますよ

残念ながら、写真撮影不可だったので、法金剛院の正式ホームページからご覧ください。

http://houkongouin.com/%e4%bb%8f%e5%83%8f/

阿弥陀如来

この建物に入って真ん中の仏像が本尊の阿弥陀如来です。

坐高が2.27メートルもあります。平安後期の作品です。

古くは、平等院鳳凰堂の阿弥陀如来と同じように定朝の作とされ、定朝の三阿弥陀と言われていました。

着目ポイントは、お釈迦様が座っている蓮弁の彫刻です。

連弁自体には、彫刻は少ないのですが、こちらの阿弥陀如来には、しっかりと彫刻がなされています。

是非、平等院鳳凰堂の阿弥陀如来を見た方は見比べて下さい。

十一面観世音菩薩

左手にある厨子の中にいるのが、十一面観世音菩薩です。

厨子とは仏像等を安置するための箱のようなものです。

着目ポイントは、手が4つあることです。

一般的には、座像は二つなのですが、4つあるのは珍しいです。

また、瓔珞(ようらく)が多いのも珍しいです。

瓔珞とは、首飾りや胸飾りのようなものです。

この瓔珞が、ひたすらにいっぱいかかっています。

僧形文殊菩薩

入って右側の比較的小さな像が僧形文殊菩薩です。

着目ポイントは、お坊さんの格好をしていることです。

文殊菩薩は、一般には鎧を着ていたり、剣を持っていたりと武士的で若々しい感じの仏像が多いです。

しかし、こちらの文殊菩薩は、お坊さんかつおじいさんです。

地蔵堂

地蔵堂には、金目地蔵がいます。

通常は非公開です。

金目地蔵は、目に金箔が貼られており、金目(かなめ)が転じて要地蔵、叶(かなえ)地蔵とも呼ばれています。

近辺ランチ

おススメ第一位

ぴちぴち金魚

ぴちぴち金魚 (花園/カフェ)
★★★☆☆3.50 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

生パスタのお店です。

花園界隈で有名です。

おススメ第二位

東寺家

カフェ&バル 東寺家 (花園/カフェ)
■手作りケーキとランチが自慢です ■予算(夜):¥2,000~¥2,999
https://www.instagram.com/gguosong/

本日のランチという事で、地元野菜を中心にした手作り料理が食べられます。

結構、インスタ映えは狙ってる感じがします。

アクセス

最寄り駅はJR花園駅です。

徒歩2分になります。JRの駅から極近のお寺は珍しいです。

バスの最寄り停留所は、市バスなら花園扇野町、京都バスなら花園駅になります。

市バスは91、93、京都バスなら62、63、66、67、72、73、76、77になります。

京都駅からのアクセスは、JR嵯峨野線一択でしょう。

駐車場

法金剛院駐車場

無料駐車場があります。

場所は、正門左の西側です。

コメント