お客様に一番ウケたスポット【土下座像と池田屋】見逃しがちなので是非

清水寺・八坂神社

京都の旅館に勤めていた時に、一番ウケが良かったのが土下座像でした。

土下座像は、三条京阪駅の地上にあります。鴨川の反対側南側にあります。

何気に通り過ぎがちです。無料スポットなのにもったいないです。

しかし、よく見てみると非常なインパクトがあります。

近辺には、有名な池田屋や、それなりに有名な弥次喜多もあります。

だいたい、20分もあれば見て回ることができるスポットだからこそ、ウケがよかったのだと思います。

もし、土下座像と来てぴんと来ない方は是非、京都観光の際には訪れてみてください。

カップル
カップル

土下座像は有名なの?

元支配人
元支配人

全国的には有名ではないです。ただ、京都に住む人々は、結構しています。待ち合わせスポットになっており、「土下座前、6時」などと使うからです。まさに、県民ショーみたいな感じのスポットです。

スポンサーリンク

土下座像の高山彦九郎は土下座はしてない

2019-03-20 11.45.53

土下座像として有名ですが、実は土下座ではありません

2019-03-20 11.45.25

碑文にあるようにあくまで、皇居に向かって拝礼しているのです。

高山彦九郎は、寛政の三奇人と呼ばれた人物です。ちなみに、この『奇』には「優れた」という意味であり、「奇妙」という意味は含まれていません。

高山彦九郎は明治維新をなした勤王の志士たちの心の鑑となったようです。

池田屋は現在は居酒屋

2019-03-20 11.57.57

池田屋と言えば、新選組ですね。

新選組が討ち入りし、尊王攘夷派の志士たちを切り、新選組の名を轟かせた事件です。

その跡地は、今はどうなっているかというと、居酒屋になっています。

旅籠茶屋 池田屋 はなの舞|チムニー株式会社
140年の時を経て復活の『池田屋』! 東映監修のもと造られた店内は映画セットさながらのリアリティ。

時代が映れば様変わりするものですが、この池田屋の特徴としては、池田屋が現代風にアレンジされているところです。

大階段あり、新選組の絵がありと新選組好きな方なら是非一度は訪れていただきたい場所です。

昼御膳で近藤勇とか、土方歳三という名のメニューがあったりします。

擬宝珠(ぎぼし)の刀傷は池田屋騒動の時のもの?

2019-03-20 11.54.31

三条大橋の擬宝珠(ぎぼし)には、池田屋事件の時の刀傷がついているとされています。

擬宝珠とは、橋塔の柱の上に設けられている飾りのことです。

池田屋事件の時か、それが刀傷なのかははっきり分かりませんが、確かに傷はついています。

2019-03-20 11.53.37

南西から見て二個目にあります。手前が河原町方面で、奥が土下座像です。

ちなみに、この擬宝珠ですが、昭和のものもありますが、豊臣秀吉時代のものもあります。

柱も木製ですし。

おそらく、三条大橋何気に渡っておられると思うのですが、ここら辺でも歴史を感じることができます。

北野天満宮の絵馬所には『誠』という絵馬が奉納されています。

学問の神様の最高峰【北野天満宮】梅に囲まれた牛、牛、牛
学問の御利益の最高峰と言えば、北野天満宮でしょう。受験生だけではなく、何かの試験を受ける方は必ず訪れて頂きたい神社です。境内はかなり広くすべてを見て回るには軽く1時間はかかります。見どころや、願いを叶える上で必ず訪れてほしい場所...

刀傷といい、誠といい、今の時代は新選組を感じる事ができる場所は有名になりうるんだと思います。

弥次喜多さんの出発地

2019-03-20 11.52.31

滑稽本の『東海道中膝栗毛』に出てくる弥次喜多さんの像も三条大橋の南西にあります。

滑稽本とは、その名の通り軽妙な語り口での物語の本です。

弥次喜多さんは、まさに珍道中を繰り返していくのですが、東海道の出発点は三条大橋なんです。

アクセス

一番近い駅は三条駅、地下鉄京阪三条駅になります。

バスでは、5、10、11、12、15、37、51、59、104が停まります。

鴨川沿いの大通りは川端通というのですが、この通りは比較的交通がしやすい通りです。

タクシーの運転手さんは、この道を好んで使われます。

川端通使うならバスでもいいでしょう。繁忙期は川端通もほとんど動かなくなってしまいますが。

京都駅からは地下鉄京阪三条駅が便利です。烏丸御池駅で乗り換えになります。

駐車場・駐輪場

2019-03-20 12.04.31

土下座像近くにコインパーキングあります。

2019-03-20 11.44.36

駐輪場も土下座像近くにあります。

ちなみに、駐輪後60分は無料ですので、無料時間内に三条大橋は周り切れると思います。

コメント